アメリカでの2016年「今年の話題」ランキングTOP10

「米大統領選」が1位、今年の話題ランキング 米フェイスブック

 フェイスブックでは今年、真面目なものから気軽なものまでを含むすべてのトピックの中で、最も利用者の話題に上ったのは「米大統領選挙」だった。

 フェイスブックの公式ブログへの投稿によると、共和党候補だったドナルド・トランプ氏が民主党候補のヒラリー・クリントン氏を下した激烈な大統領選挙が今年、最も話題を集めた。2位はブラジルの政治情勢だった。同国では、ジルマ・ルセフ大統領の弾劾・罷免があった。

 3位には、位置情報を利用したスマートフォン向けの拡張現実ゲーム「ポケモンGO」が入った。世界的に大ヒットしたゲームだ。

 フェイスブックの利用者17億9000万人が話題にしたトピックの4位は、米国で黒人男性が警官に射殺された事件がきっかけとなった抗議運動「ブラック・ライブズ・マター(Black Lives Matter、黒人の命は大切だ)」。5位は、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ氏の大統領選出だった。

 6位以下はリオデジャネイロ五輪、英国の欧州連合(EU)からの離脱「ブレグジット(Brexit)」、米ナショナル・フットボール・リーグのスーパーボウル、英ミュージシャン、デヴィッド・ボウイさんと米ボクサー、モハメド・アリ氏の死去と続いた。

元記事:http://www.afpbb.com/articles/-/3110760?act=all

 

<この記事への反応>

どこぞの「流行語大賞」と違って、納得のいくラインナップ

2位がブラジルの政治情勢ってことは 利用者にブラジル系移民が多いのか

「ブラジル大統領の弾劾・罷免」が大きな話題になっていたなんて、まるで今の日本で韓国大統領の弾劾と罷免の可能性が話題になっているのと似ていますね。