美容室でのシャンプーに注意!脳卒中で身体に障害が残る可能性も! 英国で損害賠償

散髪で脳卒中に、英理髪店が1300万円の損害賠償

 散髪が原因で脳卒中を発症した英国人男性に理髪店から損害賠償として9万ポンド(約1300万円)が支払われた。複数のメディアが13日までに報じた。

 2人の子どもの父親であるデーブ・タイラーさん(45)は、散髪から2日後、仕事の商談中に突然倒れ、病院に救急搬送された。その際に医師から、最近散髪に行ったかを質問されたという。

 医師らは、洗髪の際に首を後ろへ反らせる姿勢によって動脈が圧迫され、その時にできた血栓が脳卒中を引き起こしたと診断。タイラーさんは3か月間の入院を余儀なくされ、退院後は歩行のために杖が必要となったほか、視力低下のため車を運転することもできなくなった。

 タイラーさんの代理人は、2011年の訪店時に理髪店が頭部を適切に保護することを怠ったと主張。そしてこのほど、理髪店側が損害賠償の支払いに応じた。

 タイムズは、いわゆる「美容室脳卒中症候群」については、医学ジャーナルなどでこれまでにも報告されているとしながら、別の2件のケースを例として取り上げた。

元記事:http://www.afpbb.com/articles/-/3111151?act=all

美容室脳卒中症候群とは?

 東京医科大学の遠藤健司医師によれば、シャンプー台の上に首を乗せたまま後ろに反らす状態が長時間続くと、血管内に血栓ができやすくなり、脳卒中(脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞)を起こす恐れがあるという

 頸部の両脇には、小脳、脳幹、後頭葉などに血液を運ぶ椎骨(ついこつ)動脈がある。椎骨動脈は、椎骨と密接につながっているため、首を後ろに強く反らすと血管が圧迫されるので、血流が一時的に低減する。その結果、血小板の流れが滞るので、血栓ができる。再び首の位置を元に戻して血流が回復すると、せき止められていた血液が一気に流出するため、押し流された血栓は、脳内の枝分かれした毛細血管内に詰まり、脳卒中に繋がる。

 これが「美容室脳卒中症候群(Beauty Salon Stroke Syndrome)」と呼ばれる症状だ。

 美容室脳卒中症候群は、スタンダール症候群(The Stendhal Syndrome)ともいう。スタンダール症候群は、高い位置に飾られた彫像や壁画などの芸術作品を長時間にわたって見上げながら鑑賞している時に起きやすい。頸部の動脈が圧迫され、脳への血流が一時的に阻害されるので、動悸、目まい、失神、錯乱、幻覚などを伴う。

引用:healthpress.jp

 

<この記事への反応>

一般的に行われてるやり方で、いきなり賠償請求されたらたまったものではないでしょう

最近の美容院のシャンプー台が直線っぽいのはそのためやったんか

理髪店かわいそ。 絶対こうなるって認識なかったでしょ。

元々の隠された持病が、何らかのきっかけで発症したっていう話じゃないの? それで散髪店を提訴って、あり得ないわ~。

床屋も命にかかわる仕事だったのか!?

1300万あれば新しいシャンプー台が買えたのに

散髪から2日後だから、その後に2回くらい自分で洗髪してるでしょ?その時に動脈を圧迫した可能性もあるかもよ。

負担かかってる気はしてたわー

虚弱にもほどがある。迷惑

自己管理の問題でもあるのでは??

こういうのが原因で、散髪屋が保険に入り、 それが散発料金に跳ね返る・・・ 散髪も気が抜けないね!

支払い能力がある方に驚きを隠せない

1000円カットは洗髪がないから、安全なんだね

歯医者で上顎の奥歯のときはもっとキツイな

美容室脳卒中症候群 = スタンダール症候群、とのことなので、つまりたとえば花火大会とかですぐ近くで見上げていると首が痛くなったりしますが、あれも危ないってことなんですね。

…って、そんなこと気にして生きてたら大変だな。

そもそもその程度で血栓ができてしまうような血液の状態がめちゃ不健康なんだろうから、態勢よりも普段から健康的であることを心掛けたほうが良さそうに思えます。