移民・難民のドイツ入国後の就職率、わずか13%… 使い捨ての駒としての受け入れなんて発想は甘いんじゃないか??

近年の難民、ドイツ到着後の就職率はわずか13%=調査

15日に発表された調査で、ドイツに到着した移民・難民のうち就職できている人は約13%に当たる8人に1人にとどまっていることが分かった。

2015年から今年1月にかけてドイツに到着した難民のうち、就職している人は全体の13%で、多くはまだ亡命申請の審査を受けている段階にあり、労働市場へのアクセスが限られていることが分かった。

成人の難民のうち、ドイツに来る前に大学や職業訓練校に所属した人は3分の1以下、小学校にのみ通った人が10人に1人、学校に通った経験がない人が9%いた。

到着時にドイツ語が話せなかった人は全体の90%前後に達し、雇用の主要な弊害となっている。

元記事:http://jp.reuters.com/article/europe-migrants-germany-survey-idJPKBN13B0AL

 

<この記事への反応>

こういう情報は拡散させれば無駄な移民流入に多少効果はあると思う。一時的に避難された人達も定住などせず、いずれは祖国復興に携わって欲しい。瓦礫から街を造ったドイツのように。

低賃金労働者が欲しい、は嘘か?

↑それは別枠で受け入れてますよ。難民とは別枠で。

EU諸国は末代まで禍根を残す。在日の凶悪犯罪を見てみろよ。

ドイツは日本の在日の存在を知らなかったのか? やくざ、生活保護搾取、、、

移民を活用した労働力確保はどうした?

今までさんざ悪い事しておいて、自由だ人権だと綺麗事言ってるから

働けていない87%の人たちはどうやって日々食いつないでいるんでしょうか。畑や店から食べ物盗んだり、強盗したり、…亡命申請が通れば何かしらの援助とか受けられるのかもしれないけど、それまでの間は恐らく悪事を働くしかなさそうに思えますが。

日本にとっては貴重な現代の前例として、学ぶことが多そうに思えます。