AV出演の強要でAV専門事務所の元社長ら逮捕…?大手のファイブプロモーションなどに家宅捜索らしいが…

AVプロダクション(AV女優の芸能事務所)に所属する女優が「AV出演を強要された」と訴え、事務所の元社長が逮捕、事務所は家宅捜索されるという、珍事件が発生しました。

ここでは事件の概要や逮捕容疑、世間の反応などをまとめています。

▼関連記事

AV出演強要事件に現役AV女優らから怒りの声が続々と噴出! 現場の生の声まとめ

AVプロダクションを家宅捜索

経営していた芸能事務所に所属していた女性を、実際の性行為を含むアダルトビデオ(AV)の撮影に派遣したとして、警視庁が11日、労働者派遣法違反容疑で、大手AVプロダクション「マークスジャパン」(東京都渋谷区)の40代の元社長ら同社の男3人を逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。女性が「AV出演を強いられた」と警視庁に相談して発覚した。

引用

逮捕容疑は平成25年9月ごろ、マークス社に所属する女性を、みだらな行為を含む撮影のためAVメーカーに派遣したとしている。複数の女性が類似の相談をしており、メーカー側も女性が嫌がっていることを知った上で撮影していたとみられる。

警視庁はマークス社やグループの「ファイブプロモーション」(同)を家宅捜索。メーカーの「CA」(港区)、「ピエロ」(練馬区)も捜索した。

引用 産経ニュース

女性が「仕事したくない」と訴えれば社長が逮捕される時代なのか…

記事では恐らく読者に軽い勘違いをしてもらうために「芸能事務所」という表現をしているものの、実際のところは今回名前があがっている「マークスジャパン」や「ファイブプロモーション」という事務所はハッキリと「AVプロダクション」と明言している事務所です。もちろんAV女優しか所属しない事務所です。

リンク AVプロダクション・マークスグループ 広報ブログ

AV専門の事務所に所属している女優たちが「AV出演を強いられた」と警視庁に相談(笑)し、そこから今回の逮捕や家宅捜索に至っているという、なんとも不可解な事件。

逮捕容疑は(中略)、所属している女性を、みだらな行為を含む撮影のためにAVメーカーに派遣したとしている。

こんな逮捕容疑ってアリなんでしょうか?

嫌なら辞めればいいのに…

「辞めたいのに、脅されて辞めさせてもらえない」という相談なら分かります。

バレないように身元の工作をしてもらいつつ出演していたのに、それが辞めようと思ったら「バラすぞ」と脅され、それで辞められないで困っている人なんかももしかしたらいるかもしれません。それで事件化されるなら理解できます。

でも今回の逮捕容疑はそんなんじゃないんですよね。

「所属してる女優に仕事させたら、捕まった」って。そんなん塀の中に入っても笑い話にしかならないんじゃないでしょうか(笑)

この報道に対する反応

今回逮捕や家宅捜索に動いた警視庁は、本当のところは何が目的なんでしょうかね。東京オリンピックに向けての“浄化”の一部なんでしょうか。

 

もしこれで業界から「本番」が無くなりでもしたら、いよいよ日本を嫌いになってしまいそうです。風俗もどんどん減らして、AVまで規制を厳しくしていくとしたら、もう日本つまらなすぎでヤバいですね。潔癖すぎじゃないでしょうか?

▼関連記事

AV出演強要事件に現役AV女優らから怒りの声が続々と噴出! 現場の生の声まとめ