コールドブリューのカフェラテを飲んでみた感想レビュー

コールドブリューのカフェラテを飲んでみた感想

先にジョージア『コールドブリュー』のブラックを飲んでみた感想を記事にしたので、

ジョージア コールドブリューを飲んでみた感想レビュー(ブラック)


次はカフェラテの方を飲んでみた感想を。

味は、筆者は好きだし、ジョージアの本気が伺えるなという味だと思うんですが、正直好き嫌いは別れる味でもあるんだろうなとは思いました。

本気のカフェラテはそんなに需要が多くないのでは?

好き嫌いが別れる味だと思った理由は、「本気のカフェラテ」って感じがしたからです。

本来カフェラテってこういう味だよね、という味なんです。このコールドブリューのカフェラテ。

なので本当にカフェラテが好きな人なら恐らくこの味は好きだと思うんですが、ただ、そういう人って世の中的には実は少数だったりするんですよね。

砂糖ドバドバ入れためちゃくちゃ甘いスタバが人気の理由

コールドブリューのカフェラテの評価

世の中の大多数の「カフェラテが好き」という人たちは、甘いカフェラテが好きなんじゃないでしょうか。そうですよね?

甘くないカフェラテ飲んで「おいしぃ〜!」とは恐らくならないですよね。

その意味で、このコールドブリューのカフェラテは好き嫌いが別れる味なんじゃないかなあと。そんな風に思います。砂糖少なめというか、甘さ控えめです。

なのでコーヒー好きには好まれる味になってます。ただ大多数の「甘い飲み物好き」の人々には好まれないんじゃないかなと想像します。

肩透かしを喰らった気分

個人的には飲んでみて一口目でちょっと肩透かしを喰らった気分になりました。だってジョージアのカフェラテなんていえば「どうせ甘さで誤魔化した下品な味なんでしょ?」としか思えないじゃないですか。

缶コーヒーが好きな人なら、大多数の人がジョージアには期待してないはずです。ましてやカフェラテとなったら、甘さでどうでも誤魔化せそうじゃないですか。

なのに飲んでみたらビックリ。本物志向な味がするじゃないですか。完全に「GEORGIA」のロゴとミスマッチな味ですよ。

本来なら嬉しい誤算なんですが、一口目に限って言えば、甘さを覚悟というか半ば期待して口に含んだので、逆にちょっとガッカリ気味の「あれ?」という肩透かし感がありました。

ただもうこういう味だと知ったので、今後は喜んで飲めること間違いなし。そんないい味をしています。

おわり

今回レビューしたコールドブリュー、「GEORGIA」のブランドとは別ブランドで出せば良かったかもしれないですね。そのぐらい味は本当にいいです。

缶コーヒー好きな人たちの間でGEORGIAブランドがどう評価されてるのか、当のコカ・コーラ社は理解してないんでしょうね。缶コーヒーにおいてこんな良いもの出せるメーカーだとは誰も思ってないですからね。もったいないですよ。

僕だって普段はまずGEORGIAの缶コーヒーなんか飲まないし、今回はCMが気になったからブログのネタにでも…ぐらいの気持ちで飲んでみたけど、これブログやってなければまず手を出してはいないですからね。「ジョージアでしょ。どーせ…」って感じで。

予想外の美味さにちょっと驚きつつ、次第にGEORGIAブランドで出してて本当にいいのか?という疑問が生まれてきてしまった、、そのぐらいに味は良いものでした。

ジョージア コールドブリューを飲んでみた感想レビュー(ブラック)