Apple純正のiMessageにスタンプ登場!スタンプの作り方や仕組みはどうなってる?

先日行われたApple社の次期iOS「iOS10」の発表の中で、Apple純正のメッセージアプリである iMessage で現在の LINE のスタンプと同じような機能が実装されるという発表がありました。

スタンプ職人にとっては世界相手にスタンプ販売するチャンス!しかも日本人クリエーターはLINEスタンプの作成経験がある分、初速の速さでは世界のクリエーターに比べて断然有利!だと思うので、iMessageで実装される予定の新しい機能、LINEのスタンプに相当する機能の仕組み、それから現状で明らかになっているスタンプの作り方について、まとめてみました。

iMessageの新しい機能

001 (1)
iOSのメッセージアプリは、次のiOS10へのアップグレードによって、世界中で流行っている定番メッセージアプリに真っ向から対抗するつもりでいるようです。

これまでもAppleは、例えば懐中電灯アプリみたく多くの人に使われているアプリを、その後純正アプリとしてリリースし、iPhoneの価値を高めてきました。

そして今回の発表では、ついに世界中で大ヒットしている各種定番メッセージアプリのいくつかの機能をApple純正メッセージアプリ「iMessage」に組み込み、純正アプリでのiPhoneユーザーの囲い込みをしようと考えているようです。

表現力が豊かになる

これまでのiMessageは吹き出しの中にメッセージが一定のサイズで表示される、チャット形式のメッセージアプリ初期のままのデザインでした。

しかしiOS10では、以下のような新たな表現力を備えたものにグレードアップされるようです。

  • URLリンクがイメージ付きのリッチなものになる(LINEと同じ)
  • 発言の吹き出しにエフェクトがつけられるように
  • Apple Music の曲を貼り付けて、相手にもサンプルを聴かせられるように
  • 相手の発言に対してハートマークなどのアイコンタッチで反応できるように(いいね!みたいなもの)
  • 文章入力中にワンタッチで絵文字変換できる機能がつく
  • 絵文字だけの発言の場合、従来比3倍のサイズで表示される
  • 発言をぼかすエフェクトや、背景全体にエフェクトもかけられる
  • メッセージアプリ内から他のアプリを呼び出すことも可能に

009
特に最後の「他のアプリを呼び出すことも可能に」というのがスタンプに関して重要で、この仕組みを使ってLINEのスタンプのようなものが実装できるとのこと。

iMessageでのスタンプの仕組み

011

従来は、メッセージのやり取りをしている最中に相手に加工した画像を送りたいと思ったら、一度アプリを切り替えて画像を編集し、完成した画像を「写真」アプリに保存して、それからメッセージアプリ内で呼び出したりコピペしたりして送信する必要がありました。

しかし今回発表された仕組みによると、iMessageに対応したアプリであれば、アプリを切り替えずに一連の動作ができるようになるとのこと。

たとえばメッセージのやり取りをしている画面のまま、そこで画像を呼び出して対応アプリで画像編集して、編集できた画像をそのままメッセージに挿入して送信できるようになる、と。そしてこの仕組みの応用でLINEのスタンプに相当するものも実装できるようになるのだそうです。

つまり、スタンプをスタンプとしてLINEストアで購入するのとはちょっと違って、スタンプを「iMessage対応スタンプアプリ」としてアプリ化し、そのアプリを購入してもらう形になるのだそうです。(※筆者の認識に間違いがなければ。まだiOS10リリースまで時間があるので、もし今後「ちょっと意味が違った!」とか「勘違いしてた!」なんていう部分があれば即時訂正します)

スタンプアプリの作り方

013
スタンプ用のアプリは App Store内の「iMessage対応アプリコーナー」で販売されるとのことです。

つまり、まず iOSアプリを作れなきゃなりませんし、そのアプリを iMessage対応アプリ化できるだけの新しい知識も必要になります。

クラウドソーシングを活用

先日の開発者向け会議「WWDC 2016」が行われた日に iOS10 の開発者向けプレビュー版が公開されているので、アプリ作成が自分でできる人はそちらの情報を参考に。

で、問題は自分でアプリを作れない場合ですが、その場合はクラウドソーシングサービスを使ってみてはどうでしょうか。

筆者は以前ランサーズで、テキスト主体の簡単なアプリの作成依頼を出し、アプリを作ってもらったことがあります。その時の料金は5万円でした。

この5万円というのはそもそも破格値だったので「単純そうなスタンプアプリならもっと安く作ってもらえる!?」かどうかはちょっと技術面に疎い筆者には分からないのですが。でもあまり高くない料金での作成依頼(発注)も受けてくれる人はいるんじゃないかと思います。

というかクラウドソーシングサービスを何度か利用している筆者の感覚としては、スタンプアプリであれば数万円の予算でも絶対誰か手を挙げてくれる人がいると思います。単純なアプリであれば、速い人は本当にあっという間に作ってくれますので。

 

まとめ

LINEでもスタンプ長者が生まれ話題になりました。日本ではバリバリ流行っているとはいえ、世界的に見たらそこまででもないLINEでですら。

ましてやそれがiPhone純正アプリでのスタンプとなれば、もうその「長者」のレベルは桁違いになってきそうです。夢がありますね。

LINEスタンプの時もサービスリリースと同時に販売開始できた人はその先行者利益がかなりあったと聞きますから、iMessageスタンプも参入するなら是非ともサービス開始直後に販売開始できるよう前もって準備しておきたいものです。

※追記:基調講演で使われたデモのスタンプはどれもアニメーション付きだったので、動くスタンプが標準なのかもしれません