【注意】インプラント治療後3年経過であごの骨が溶けていた人は1割!前段階の炎症状態は4割以上 定期メンテナンスしないとヤバい!

インプラント治療後3年以上 40%余にあごの骨の病気や炎症

歯を失った人には、希望に応じて、金属を埋め込んで人工の歯を取り付けるインプラント治療が行われるようになっていますが、この治療を受けて3年以上たった人の40%余りが、細菌に感染することであごの骨が溶ける病気や、この病気になる前の段階の炎症を起こしていることが、学会が行った初めての調査でわかりました。

歯のインプラント治療はあごの骨に金属を埋め込んで人工の歯を固定するもので、入れ歯よりも見た目が自然で、自分の歯に近い感覚が得られるなどとして希望する人が増え、国内ではおよそ300万人が治療を受けたと見られています。

この中で、治療した部分の周りに細菌が感染して炎症が起き、金属を埋め込んだ骨が溶けるインプラント周囲炎という病気になる人が増え、日本歯周病学会が全国の実態を初めて調査しました。

治療後、3年以上たった267人を調べたところ、9.7%の人がインプラント周囲炎にかかっていて、この病気になる前の段階の炎症が起きた人を含めると43%に上るということです。

学会によりますと、この病気は、30代から60代の人のおよそ8割がかかるとされる歯周病と似ていますが、進行が非常に早く、インプラント治療を受けて半年ほどで骨が溶け始めた患者もいるということです。

画像:インプラントで歯周病
画像:インプラントで歯周病
画像:インプラントで歯周病

元記事:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161108/k10010760141000.html

 

<この記事への反応>

要は歯周病の「インプラント治療したところに起きるバージョン」ってことですよね。それを「インプラント周囲炎」と呼んでいるように見受けられます。

となると、この周囲炎が起きていた人たちの「他の歯の歯茎や歯根の状態はどうだったのか」も同時に調査しないと、今回の調査結果がインプラントが原因の現象なのかどうかは断定できなさそうです。

ただ人工物を入れればその周辺はやっぱり脆くなるし、普通の健康な歯以上の気遣いやメンテナンスは必要そうですし、やたらめったら安易にインプラント治療を選択するようなことはしたくないですね。