稲田防衛相の「涙」の真相は!?おい辻本、朋ちゃん泣かしてんじゃねーよ!

 衆院予算委員会で30日、稲田朋美防衛相が民進党の辻元清美氏の追及に涙ぐむ一幕があった。

 辻元氏は、稲田氏が8月中旬に自衛隊部隊の活動視察でアフリカ東部ジブチを訪問していたため、防衛相として8月15日の全国戦没者追悼式に出席しなかったことと、例年行っている靖国神社参拝を見送ったことを問題視した。

 辻元氏は「あなたは『自国のために命をささげた方に感謝の心を表すことのできない国家であっては防衛は成り立ちません』と言っている。言行不一致ではないか」と迫った。

 稲田氏が追悼式欠席について「大変残念だった」と答弁すると、辻元氏はさらに「あなたの『戦争でなくなった方々へ心をささげる』というのは、その程度だったのかと思われかねない」とたたみかけた。

 すると稲田氏は目に涙をためながら「今までの私の発言…、読み上げられた通り」と言葉を詰まらせ、「今回本当に残念なことに出席できなかったが、指摘は指摘として受け止めたい」と答えるのが精いっぱいだった。

引用 産経ニュース

稲田防衛大臣の涙の理由を考えてみる

言葉を詰まらせる稲田防衛相 画像出典 sankei.com

言葉を詰まらせる稲田防衛相 画像出典 sankei.com

まともに受け応えする価値すらないような相手の、さらに「どの口が言ってんだ?」と驚かされるような売国奴議員からの下らない質問に対して、なぜ稲田防衛相は涙ぐんだりしたのだろうか。

恐らく、自分が一番大事に考えている部分に対して、あまりにふざけた相手からのふざけた質問を受け、「なぜよりによってこんな奴にそんなこと追及されなきゃならないんだ」という憤りというか、虚しさのようなものがあったんじゃないだろうか。なんてことを勝手に想像してしまった。

ただケチつけたいだけ。何でもいいからとにかくケチつけたいだけ。そんな奴に、どうでもいい漢字テストでも出される分にはまだ呆れ顔になってしまう程度で済むかもしれないけれど、自分が本当に大事にしている部分に対して漢字テストレベルのくだらない質問を受けたことが、悲しくて仕方なかったんじゃないでしょうか。

そもそも辻本氏のこれまでの言動を考えれば、戦没者追悼式に出席しなかったことは賞賛すべき立場の人間のはず。出席すればしたでワンワン騒ぎ立て、中韓を刺激したと騒ぐくせに、出席しなければしなかったで「なぜ中韓を刺激しないのか?(意訳)」と質問してくるんだから、稲田防衛相が呆れて物が言えなくなるどころか「なんでこんな頑張って生きてきた私がこんなバカを相手にしなきゃならないんだ…」と憤りを感じても無理はないと思う。

辻本とは何者なんだろう?

なぜあれほど一貫して「揚げ足取り」と「中韓の利益」だけを考え続ける人が、国会議員でいられるんだろう。本当に不思議で仕方がない。選挙区は大阪府10区とのことで、高槻市が主だった選挙区ということになる。当選6回とのことなので、…高槻市、何かヤバい人多いのかな?

まあでも市民の立場から考えれば、投票できる相手も限られているわけで、となると「この人!」って人がいなければつい「名前と顔の一致する人」を選んでしまいがちになってしまうのも理解はできるんだけど。

でももう朋ちゃん泣かせちゃったからな。もう当選させてほしくないなあ。