注意!インフルエンザの患者数が前週からほぼ倍増!マスクのみでは防げないから手洗いうがいの徹底を!

インフル患者推計51万人、前週からほぼ倍増

 インフルエンザの感染が広がっています。最新の1週間の全国の患者数は推計でおよそ51万人と、前の週からほぼ倍増したことがわかりました。

 国立感染症研究所によりますと、先月25日までの1週間に全国の医療機関を受診したインフルエンザ患者は推計でおよそ51万人でした。前の週の28万人からほぼ倍増しています。

 年齢別では、10~14歳がおよそ8万人で最も多く、次いで5~9歳がおよそ7万人などでした。都道府県別で1医療機関あたりの患者の数が多かったのは、富山県、群馬県、秋田県、埼玉県の順となっています。

 厚生労働省は、マスクの着用や手洗いなどの感染予防を呼びかけています。(05日14:36)

画像:インフルエンザ

元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170105-00000056-jnn-soci




インフルエンザ

(ラテン語: influenza)はインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。多くは上気道炎症状・呼吸器疾患を伴う。

 季節性インフルエンザには、A型、B型、C型の3種類があり、全ての年齢層に対して感染し、世界中で繰り返し流行している。通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて4-5月には流行は収まるパターンであるが、冬季だけに流行する感染症では無く夏期にも流行する事がある。A型は平均相対湿度50%以下になると流行しやすくなると報告されている。

 全世界では毎年300-500万人がインフルエンザに感染し、25-50万人の死者を出している。先進国における死者は65歳以上人口が最も多い。また病欠・生産性低下といった社会的コストも大きい。

 感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主と言われている。一般的には経口・経鼻で呼吸器系に感染する。飛沫核感染(空気感染)や接触感染など違った形式によるものもある。予防においては、有症状患者のマスク着用が有用であり、飛沫感染防止に特に効果的であるが、形状や機能性などによっては完全に防げない場合もある。マスクのみでは飛沫核感染や接触感染を防ぐことができないため、手洗い・うがいなどの対策も必要である。最も感染を予防できる方法はワクチンである。抗ウイルス薬も存在するが、ウイルスはすぐに耐性を獲得する。

引用:wikipedia

 

<この記事への反応>

個人的にはノロが一番恐い。

 

インフルエンザより、胃腸炎がこわい…

 

正月休みが終わって小学校、幼稚園が始まってからがピークでしょうね。自分の周りではそれ程多くなかったけど、増えてくるんだろうな

 

電車やバス等の交通移動中に短時間に何回も咳をしている人は『それは何の咳?』と思ってしまうんですけど、健康な人が予防の一環でマスク着用し、病気の疑いがある人がマスクをしないで車内で咳を連発ってどういうことなのかと良く思う(´・_・`)

 

日本の感染対策って大丈夫なんか? って、いつも思う。

 

予防接種しても毎年かかるって人もいれば、予防接種などしたことなくても人生で一度もかかったことがないって人もいて不思議。

 

ワクチン接種してもかかるときはかかるんですよね…。 でもインフルよりノロとかロタとか、吐いて下すののほうがきつい。

 

倍増はヤバイぞう

 

やられました。本日、確定。予防接種受けてたからかるいようだけど…やっぱりツライ。

 

まさに昨日インフルと診断されました。 わたしも悪寒がしましたが、高熱は出ませんでした。 なのでインフルではないなと勝手に決めつけてましたが、検査したらこの通りです。 回りの人のためにも、医療機関での早めの受診をお勧めします。

 

ワクチン接種しましたが、感染。 熱はさほど高くないのに普通の風邪より辛く長引き、体力も気力もゼロになりました。 これは老人には非常に厳しい、きっと入院すると思いました。

ワクチンって本当に意味あるんでしょうか?

私はワクチン接種一度もしたことないけど、インフルエンザにかかったこともないです。一度でもかかればワクチン接種したくなるのかな…?