【注意】iOS10アップデート時のバグ「リカバリーモードになってしまった!」という不具合が発生中

本日夜中の2時に配信された iOS10 が、一部の iPhone では「なぜかリカバリーモードになっちゃったんだけど!」という不具合が多数確認されています。

リカバリーモードになってしまっても iPhone をパソコンにつないで iTunes で復元すれば大丈夫ではありますが、時間に余裕のない時にそんな状態になってしまったら最悪なので注意が必要です。できれば次のマイナーアップデートまでアップデートを待った方が良いかもしれません。恐らくすぐ配信されるでしょうし。※この問題は解決されたようです!詳しくはこの記事の後半「追記」部分で

▲こういう訳が分からない状態になってしまうと最悪ですね〜。これは筆者もまだアップデートはやめておこうかな。

iPhoneのアップデートは初めからiTunes経由でやるのが安心

OTAアップデート(iPhone 単体で Wi-Fi でアップデート)は何故かアップデートに失敗してしまうことがあるようですね。だからリカバリーモードになってしまうようなので、それが分かっているのであれば初めからパソコンに繋いで iTunes 経由でアップデートした方が良さそうです。

追記(14日午前5時) Appleがこの問題を修正したとコメントあり

BuzzFeed News の John Paczkowski 氏によると、アップデートの際にリカバリーモードになってしまう不具合を既に Apple は修正したとのコメントが出ているようです。

リリースから最初の1時間ぐらいの間にアップデートした人にこの問題が起きていたようですが、現在は修正されているとのことです。またもしこの問題が既に起きてしまっていて解決もできないでいる場合は AppleCare に連絡してくださいとのこと。