iPhone7は買わないことにした!という話。無線イヤホンを単体で買う予定

新しい iPhone7 がいよいよ発売されますね。2年縛りの更新のタイミングの人なんかは特に、気になっているんじゃないでしょうか。

かくいう私がこのタイミングがいつも2年縛りの更新タイミングなので、毎度のように新型 iPhone 情報はそれなりに集めているのですが。

これまで iPhone 4 → 5 → 6 と順調に、SoftBank の“端末代金実質無料”に釣られて新型 iPhone を使ってきた筆者ですが、ついに今回の 7 ではその流れがストップしそうです。いや、確実にストップしますね。今回は買わないことにしました。来年の発表を待とうと思います。

ということで、なぜ iPhone7 を買わないことにしたのか?その辺の理由についてつらつらと語ってみようと思います。微妙な進化具合いだし、さっきまでの筆者と同じようにグダグダ考えている人もいるんじゃないかと思うので、そんな人たちの何か参考というか考える材料の一つにでもなれば幸いです。

初めは欲しいと思っていた

iPhone7 の発表当初、自分は買い換えるものだと思っていました。最近の Apple にはもうすっかり期待していないので別に新型の発表を楽しみに待っていたとかそんなことはまったくないのですが、やっぱり新型が発表されるとつい気になってしまって、気になって見てみるとなんだか欲しくもなってきてしまうんですよね。

でもふと思ったんです。「あれ?この新しい iPhone7、買う価値あるか?」と。そしてよく考えてみたら私は「新しい iPhone が欲しい!」のではなく、ただ単に「何か刺激がほしい」みたいな?そんな程度の欲求しかなかったのではないかなと。そんなことに気付きました。

無線のイヤホンが良い

冷静になって「なぜ欲しいと思ったのか?」を自己分析してみると、まず最初に浮かぶのが新しいイヤホンです。イヤホンジャックが消えたことについてはいろいろネガティブな声が上がっているとも聞きますが、私としてはこれが今回一番の改良点だと感じています。

イヤホンジャックが無くなったことに対してギャーギャー言ってる人たちって、iPhone が出てきた当初は「iPhone なんてイラネ」とか言ってて、Apple Watch が出る前には「欲しい!」「これは流行る!」とか言っていたような、そういう人たちなんじゃないでしょうか。そういう風に思えて仕方ないです。要は、ガチで見る目がない人たち、というか。

イヤホンなんて無線の方が良いに決まってるじゃん?何年も前の Bluetooth イヤホンはブツブツ音が切れたりしてダメだったけど、今はそんなことないし。であれば無線の方が良いに決まってるじゃん。こんなの異論は認めない。議論するだけ馬鹿げてる。

2種類のカメラレンズが気になる

プラスの方だと、カメラレンズが2つあるんですよね、今回の。これも気になります。欲しいなと思います。

ただ残念なのが、それがあるのはプラスの方だけで、普通サイズの方には無い、と。サイズ的には普通サイズの方が好きなので、というかプラスじゃデカ過ぎて困るので、プラスという選択肢は自分的にはほぼナシなんですよね。

少し面倒や邪魔を感じてもそれでもプラスにしたいと思うほどの利点があれば良いですが、現状そこまでのものはないので、このカメラだけがプラスを気になるものにさせる要素なのですが。

そこでふと立ち止まってよく考えてみると。あれ、もしかして…

今以上の高性能なカメラって、何?

という疑問が。

もちろん接写とかで差が出るなら使っていて違いを感じることもあるかもしれないけど、さすがに「わざわざ値段も高くて普段の持ち運びにも邪魔くさくて肌身離さず持ち歩くモバイル端末としては大きすぎるプラスだけどそれでもこのカメラ性能は捨てられないからこれにした」と言えるほどの違いはないんじゃないかな、と。

筆者としては今の iPhone6 のカメラ性能に十分満足しています。動画はほぼ使わないから分からないけど、静止画なら iPhone6 で十分すぎるほど十分です。

となると、わざわざプラスの2つのレンズがあるモデルを選ぶほどその機能性の恩恵を受けられる人間ではないであろうことが明らかです。

そして他にこれと言って大きな魅力はなく…

無線イヤホンは魅力的です。カメラも進化する分にはまあ魅力っちゃ魅力です。それが決め手になるほどのものかどうかはさておき。

でも、筆者にとって新しい iPhone7 の魅力って、その程度なんですよね。

FeliCa は、田舎住まいの筆者には不要で。使ったことないし今後も使う予定はまずないし。防水防塵だって、別に普通に扱ってる分には何ら今のままで問題なくて。別に今の iPhone だって風呂入りながら使ってても壊れないしね。防水仕様になったからって湯船の中に落としたらマズいらしいじゃないですか。であればその防水ってなんなんだよ?という感じでしかありません。

格安SIMデビューしようかと考えていた

筆者は SoftBank ユーザーなので、SoftBank で買った今までの iPhone 端末では格安 SIM が使えないでいました。なので今回の新しい iPhone を機に格安SIMデビューでもしようかと思っていました。SIMフリー機を買って。

でも、iPhone ってそこそこの値段しますよね。それを買ってまで格安SIMに乗り換えて、すると結局トータルの支払額ってどうなるんだ?と計算してみれば。さすがに新型 iPhone を買ってもお釣りがくるほどの格安っぷりというわけではないので、結局年間の支払総額としては増えてしまうよな、と。

そんなことを考えると、別に SIM フリー端末への乗り換えを急ぐ必要もなくなります。「今後ずっとこの端末を使い続ける!」っていうのならなるべく早くに買って格安SIM に乗り換えた方が長い目で見た時にお得だけど、どうせ自分はまた 2年後3年後には新しい端末が欲しくなるだろうし。であれば急ぐ必要はまったく無いなと思いました。

新しい無線イヤホンは既存機種でも使えるらしい!

そして今回「新しい iPhone 買わない!」と決断した最終的な決定打は、ほとんど唯一の魅力だと感じていた無線イヤホンが、既存の iPhone でも使えるらしいという情報。これはもう「じゃあそのイヤホンだけ買えばいいや!」って感じです。

2016-09-13-20-16-50
リンク AirPods – Apple(日本)

ただ値段が「16,800円(税別)」と、イヤホンにしてはなかなかの高級イヤホンな感じですが(笑)
音にうるさい人たちがこの値段をどう感じるのかは分かりませんが、一般ピーポーにとっては「イヤホンで16,800円」って、「くそ高い」ですよね。

買わない決断を後押しする話

来年は iPhone の 10週年の年らしいですね。となれば市場の期待はやっぱり来年に高まりますよね。その期待に応えるべく Apple も来年に向けての気合いは入りますよね。

であれば、冷静になってみれば「なぜ来年がアツいのに、さして魅力の大きくない今年の iPhone をわざわざ高いカネ払ってまで買うの?」という感じです。

Apple の発表を受けて欲しい欲求が高まっていた時と比べ、冷静な今となっては「カネ余ってる人だけ今年も買って来年も買えばいいんじゃない?」としか思えないです。

新技術に対する不安も少しある

今回の iPhone では「FeliCa」「無線イヤホン」「ホームボタンの変化」が、分かりやすい新しい技術としてあります。で、個人的に気になるのは、今の Apple がこれらどの技術も全て何も問題ない状態で出してくれてるのか、少し不安、という部分。

業績がいまいち芳しくなく、明らかに焦りを感じますからね、今の Apple には。Android に寄せまくってるし。

そんな企業が新たに搭載する、新技術。これに何も不具合が出ないなんて、そんなことあるかな〜?と。1つぐらいの新技術であればまあ完璧にしてくるかもしれませんが、複数の新しい機能が加わった機種であれば、何かしらの不具合は出てきてしまいそうに思えます。リコールレベルの不具合は無いにしても、使っていてイラつくような欠点が、何かしら出てきそうです。

であれば、1年間待って、それら新しい技術の安定感が増した来年の新機種を狙うというのも、良いんじゃないでしょうかね。

 

まとめ

何はともあれ、今回買わないことにした理由をひと言でまとめれば、こんな感じ。

「買った時の喜びが意外と小さそう」

だから今回は見送ることにしました。
イヤホンだけは買うけどね!

以上です。