「ネプリーグ」に現役東大生クイズ王・伊沢拓司さん出演!数学の苦手な受験生は彼の勉強法を真似るべし!数学も暗記力勝負!

現役東大生クイズ王が「ネプリーグ」参戦 伊沢拓司氏

 人気予備校講師の林修が、フジテレビ系「ネプリーグ」(月曜、後7時)に最強の刺客を送り込む。「全国高等学校クイズ選手権」(日本テレビ系)で史上初の2連覇を達成した伊沢拓司氏が28日放送回に出場する。

 経済学部に在学中の伊沢氏は、東京・開成高で、「-クイズ選手権」の連覇を達成。ウェブサイト「クイズノック」を発起人として立ち上げたり、クイズ関連本の執筆、各メディアでのライター活動など、他分野で活動している。その伊沢氏に、「カルトQ」、「パネルクイズアタック25」の出演歴がある経営コンサルタントの鈴木貴博氏、東大卒タレントの高田真由子が、林修との東大チームで出場する。

元記事:http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/28/0009704758.shtml

伊沢拓司ってどんな人?

画像:クイズ王の伊沢くん
画像出典 Twitter

名前:伊沢拓司(いざわ たくし)
出身地:埼玉県
生年月日:1994年
大学:東京大学経済学部経済学科4年

出身中学・高校は開成中学、開成高校。
2010年の第30回高校生クイズと2011年の第31回高校生クイズで開成高校チームを率いて史上初の2連覇を達成。

大学卒業後は大学院に進学予定。

引用:tanaka-diary.com

伊沢拓司さんの暗記の仕方

イメージと、類似の問題はまとめて覚える

覚えにくいものは、イメージで覚えたりします。
「クレランボー」っていう精神科医がいるんですけど、それは夕暮れに乱暴してるっていうイメージで覚えたり、「マウントバッテン」っていう軍人は山の上で手をバッテンにしてるってイメージで覚えたりしてます(笑)
意外とゴロとイメージで覚えると頭に残るのでおすすめです。

あとは、なるべく類似の問題をまとめて覚えるということもやっています。関連する問題や紛らわしいものは、まとめて覚えてしまえば、後々楽ができます。

引用:goukaku-suppli.com

数学も暗記力で点数が取れる!

私は数学がとにかく苦手だったのですが、勉強するうち、受験の数学は限られた範囲のものなので歴史より暗記に向いていると思うようになりました。それから数学もクイズの勉強と同じように、とにかく反復をして、解くより覚える感覚で勉強しました

数学は、ただ公式を覚えても実際の解法で使えないと意味がないですから、単語帳のように数学の問題集を読んで、必要な公式と解法まで思い浮かべられるかを確認していました。思い浮かべるだけで、実際に手を動かさないので、電車の中などのスキマ時間でも出来ます。苦手な数学もこのようにして暗記で克服しました。

暗記を普通の勉強より質の低いものと考えている人は多いですが、そのような考えは捨てるべきです。どの科目も、一定の暗記がなければ問題は解けませんよね。暗記はそう簡単にはできません。時間がかかります。ですから、とにかく暗記をなめないことです。

引用:goukaku-suppli.com

 

<この記事への反応>

あれ?医学部の水上颯君じゃないの? 東大クイズ王は、だれ?

申し訳ないが水上颯くんの方が好き。可愛い。

高学歴の連中相手のクイズ番組は そもそも、アホなオイラにゃ 問題自体が意味解らない時が多い。 クイズ番組ってさ、お茶の間が 楽しめるモノだったよね、昔は…。

何年にもわたって本気でクイズに臨んできた井沢さんですから、普通に考えたらタレントなどは到底太刀打ちできないはずですが、どうなるでしょうか。

ちなみに井沢さんは本も出されています。暗記法など気になる人・受験を控えている人などは参考にしてみてはどうでしょうか↓