狩野英孝に学ぶ、現役女子高生との出会い方 最強出会いツールはTwitterなのか!?

狩野英孝さんの淫行疑惑の件。相手が17歳の現役女子高生だとのことで、どうして34歳のおっさんが現役女子高生なんかと出会って同棲までできるのか?ということが気になっている人も多いようです。

そこで今回の報道から漏れ伝わってくる狩野英孝さんの「現役女子高生との出会い方」から学んでみたいと思います。

狩野英孝さんはどうやって出会ったのか?

今回のフライデー報道によると、狩野英孝さんとお相手の女子高生との出会いはTwitterを通してのやり取りが直接的な接触の元になっているようです。

まず元々女子高生の方が狩野英孝さんのファンで、ライブにもよく足を運んでいたのだとか。そしてこの女子高生は狩野英孝さんのTwitterアカウントもフォローしていて、「ライブに足繁く通って顔を覚えてもらい」→「Twitterを通してやり取りをするように」という流れで売れっ子芸人と一般女子高生との接点が生まれたようです。

……やはり一般男性にとって再現可能な出会い方ではなさそうですね。

もしTwitterでなければ…

ただ思うのは、これはやはり使っていたツールがTwitterであったことも意味が大きいのではないかということ。

たとえば狩野英孝さんがメインに使っているのがもしインスタグラムだったりしたら、どうでしょう?インスタは投稿に対する反応が無機質にダーッと並ぶ形になるので、コメント一つ一つにはTwitterほどの人間味は感じられません。そうなるとなかなか、Twitterのように特定の相手と連絡を取ろうと思う可能性も低いものになるんじゃないかなと思います。

またFacebookであったらどうだったか?これもまた、Twitterほどには出会いの可能性はなかったんじゃないでしょうか。というのもFacebookは匿名性が低いため、狩野英孝さん側としてもなかなかファンの中の特定の女の子と仲良くするのは気が引けるだろうし、女の子側としても周りのリアルの友人知人の目があると思えばあまり積極的にプッシュしていくこともやりづらいと思われますし。

良くも悪くもTwitterにつきまとう「軽さ」が、特に年の差のある男女の出会いにおいてはプラスに働く面があるのかもしれませんね。

▲オフパコ!?そういう輩がいるってことは、やっぱりできるんですね。

まとめ

ということで、さて、何か奇跡を期待してTwitterでも始めてみますか笑

いやでも真面目な話、若いカップルの中には「Twitterがきっかけです」っていうカップルとか本当にいますからね。

宝くじも買わなきゃ当たらないわけですし、ね。

狩野英孝の「女子高生との淫行」って何した?…ゴムアレルギーってホントかよwwwwwwwww

2017.01.20

狩野英孝さんの淫行疑惑に対する世間の反応www英孝ちゃん人気者wwwwww

2017.01.20