【倉敷プール事故】4歳男児はなぜ…?親として忘れたくない、車内は時に“殺人的な環境になる”ということ

倉敷東小学校

15日午前、4歳の男の子が誤って小学校のプールに転落、溺死してしまったという、痛ましいニュースがありました。

何気ない日常のなかで突如起きてしまうこういう事故。今後同じような事故が起きないことを願って、今回の事故がなぜ起きてしまったのかを自分なりに考察してみました。

結論としては、「駐車時の車内環境は劣悪だから、子どもを車内で待たせる際には細心の注意を払おう」という結論に至りました。

車から降り、プールへ。…この事故はなぜ起きてしまったのか?

まずニュース記事の引用から。

『15日午前8時50分ごろ、岡山県倉敷市鶴形2の市立倉敷東小で、30代女性から「息子を一人で待たせている間にいなくなった」と110番通報があった。県警倉敷署員が捜したところ、約1時間後に学校敷地内のプールであおむけで浮いている男児(4)を発見。病院で死亡が確認された。同署は、男児が誤って転落し、溺れたとみて調べている。

同署によると、女性は男児の兄を学校であったサッカー教室に送るため、正門付近に止めた車の中に約20分間、男児を一人で残したという。

プールは車から約60メートル離れており、周囲は高さ約1.5メートルのフェンスで囲まれていた。扉には鍵もかかっていたという。』

引用 小学校プール:4歳男児が死亡…岡山・倉敷 – 毎日新聞

現場の様子

現場の航空写真がこちらです。

2016-05-16 2.04.19

記事に『正門付近に止めた車の中に』『プールは車から約60メートル離れており』とあるので、恐らく以下の様な位置関係になるのだろうと思われます。

2016-05-16 2.04.47-1

現場が特別危険だったのか?

プールには幼児でも簡単に入れるようになっていたのか?
この点、記事によると

  • プールの周囲は高さ約1.5メートルのフェンスで囲まれていた
  • 扉には鍵もかかっていた

とのことですので、まあ学校側は必要十分な設備を整えていたといえると思います。

2016-05-16 2.05.34

男児は何を思って車から降り、どこへ向かったのか

4歳の男の子にとって高さ約1.5メートルのフェンスはなかなか登りがいのある高さだと思います。なのになぜ、そんな高いフェンスを乗り越えてまでプール側に入って行こうと思ったのか

当日の最高気温は27度、最低でも16度だった

岡山県倉敷市の日曜日の気温を調べてみると、最低気温でも16度、最高気温は27度にも達しています。

2016-05-16 2.06.39

今回の事故が起きた時刻は午前8時半過ぎごろ。朝方の最低気温でも16度の日ですから、日が昇ってから数時間が経過している午前8時半過ぎにはもう20度を超えるか超えないかぐらいの暑さではあったであろうことが予想されます。

そして記事によると『車の中に約20分間、男児を一人で残した』とのこと。別に母親の行動を責めたくはないけど、外気温が20度前後の時に、仮にエンジンを停止して窓も閉め切った状態で、そしてもし仮に車に直射日光が当たっていたりしたら、その車の中で20分間じっと待たされるのは、大人でもなかなかの苦痛なことであろうことが想像できます。

2016-05-16 2.07.27

男児の動きを推測してみる

推測に推測を重ねることしかできませんが、もしかしたら男児は次のような流れでプールに入ってしまったのではないでしょうか。

  1. 退屈な上に車内が日差しでどんどん暑苦しくなり、車外に出たくなった
  2. 汗もかいたし喉も渇いたので、お母さんがいそうな方に歩いていった
  3. 停車している車の列が途切れているところに小さな階段があったので、登ってみた
  4. プールを発見。汗と喉の渇きがあった男児は好奇心も相まって、フェンスを乗り越えてみた
  5. フェンスの向こう側に入ることに成功。飲むかどうかは別として、プールの水に手を伸ばしてみたところ……
  6. 衣服が水に濡れて重くなり、しかもプール開き前で水面も低かったため、自力で上がることができなくなってしまい……

お兄ちゃんのサッカー教室への送りで来たとのことなので、恐らく事故当時学校敷地内には同じような親御さんたちの車がところ狭しと並んでいたと思われます。

そのため、お母さんを探して歩いていた男児は車列が途切れているプールの方向に向かっていってしまった、のではないでしょうか。

2016-05-16 2.08.03

 

男児の死を無駄にしないための教訓

今回の痛ましい事故を受けて思うのは、以下の2点です。

  1. 子どもの好奇心をナメてはいけない
  2. エンジン停止した車内は過酷な環境だと認識する

特に2点目が重要なように思います。

ほんとは「車内に子どもを残さない」としたかったけど、そう言うと過剰に世間の監視が厳しくなっても嫌だなと思うので、あえてこのような表現にしてみました。

暑い時期であろうと寒い時期であろうと、エンジン停止した車内で20分過ごすのは結構苦痛なことです。知らない人は一度自分で試してみたらいいかもしれません。

仮に「窓を閉め切ったエンジン停止中の車内」であれば、その環境が快適であるタイミングなんて、年間を通してもそうあるもんじゃありません。暑いか、涼しかったり寒かったりするか。大抵はどちらかになります。その上日差しが当たっていたりしたら最悪です。

大人は普段自分が“待つ側”になることがあまりないから気付きづらいけれど、車内は時に殺人的な環境にもなる(実際毎年のように乳幼児が亡くなっている)ので、そのことを忘れないようにしたいものです。

「車に子どもを待たせてる」なんてことは結構普通によくやることですが、改めて気をつけたいと思いました。