マックの新しい無料Wi-Fi、使えるお店と使い方は?接続は簡単!目印は「FREE Wi-Fi」の文字

マクドナルドFREE Wi-Fi

マクドナルドの国内店舗に従来の無料Wi-Fiよりも利便性が向上した新しい無料Wi-Fiのサービスが導入されるとして話題になっています。

そこでこの記事ではその新しい無料Wi-Fi「マクドナルドFREE Wi-Fi」の導入店舗と、接続方法、制限などについて情報をまとめてみました。

マックに無料Wi-Fi 国内店舗の半数に導入

マクドナルドの国内店舗の約半数に、これまで使えていた利用者制限のある無料Wi-Fiとは別の、コンビニやスターバックスで使えるのと同じタイプの無料Wi-Fiが導入されることが先日発表されました。

日本マクドナルドは7月末までに全店のほぼ半数にあたる約1500店に無料の公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」を導入する。スマートフォンの利用者が増えて無料Wi―Fiへの要望が高まっていることに対応する。2020年の東京五輪に向けて増える訪日外国人客を取り込む狙いもある。

引用 日本経済新聞

マクドナルドの発表によると、今月20日からまず都内の約150店舗に先行導入。その後、7月末までに全国の約1500店舗に導入を拡大していくそうです。

これまでの無料Wi-Fiとの違いは?

これまでもマックでは『BBモバイルポイント』という無料Wi-Fiを使うことはできました。しかしこれは使える人が限られており、具体的には以下の人々しか使えませんでした。

  • SoftBankの契約者
  • ソフトバンクBBが提携しているプロバイダーとの契約者
  • auの契約者

しかもそれぞれの契約ごと無料Wi-Fiへの接続方法(事前に必要な端末側での操作)にいろいろ違いがあり、実質的には「よく分からない」「自分も使えるのは知ってるけど操作方法が分からないから使ってない」という人がほとんどでした。

しかし今回新たに導入されるマックの無料Wi-Fiはそういった複雑なタイプのものではなく、既にコンビニやスターバックスなどで使えている無料Wi-Fiと同じように「メールアドレス」や「SNSアカウント」でログインするだけで使えるようになるタイプの無料Wi-Fiだということで話題になっています。

「マクドナルドFREE Wi-Fi」の使える店舗・使い方

導入店舗の目印

新たに導入されるWi-Fiサービスの名称は「マクドナルドFREE Wi-Fi」です。目印は「FREE Wi-Fi」の文字で、導入店舗には下図のようなステッカーや小さな旗が設置されます。

マックの新しい無料Wi-Fiの目印

またマクドナルドの公式サイトで、6月20日から新しい無料Wi-Fiの導入店舗を確認することができるそうなので、事前に調べることも可能です。

リンク 日本マクドナルド

マクドナルドFREE Wi-Fiの使い方

「マクドナルドFREE Wi-Fi」の使い方の手順は、何も難しいことはありませんが、一応説明しておくと以下のとおりです。

マクドナルドFREE Wi-Fiの使い方・手順
  1. スマホの「設定」画面でWi-Fiの設定項目をタップ
  2. 「マクドナルドFREE Wi-Fi」の電波を選択する(「MCD-FREE-WIFI」の表記が入った名前)
  3. SafariやChromeなどのブラウザアプリを起動する
  4. すると利用規約の画面が出るので、「同意」する
  5. メールアドレスの入力、またはその下に表示されてるSNSアカウントでログイン(利用登録)する
  6. 「ログインが完了しました」の表示になったらOK

接続制限はあるのか?1日何時間使える?

今のところの公式アナウンスでは「利用は1日何時間まで」といった制限についての発表はありませんので、その辺は今後導入が進んでいってからの続報を待ちたいと思います。

ちなみにこの新しい無料Wi-Fiの導入実験をしていたのでは?と思われる、昨年からこのタイプの無料Wi-Fiが利用可能だった一部店舗では、「3時間経ったら接続制限を喰らった」などというネット上の声がありました。なのでもしかしたら1日3時間が目安になっているのかもしれません。セブン-イレブンの無料Wi-Fiも1日3時間までの制限なので、その辺りが目安になっている可能性は高そうです。

対応言語は、初めは日本語と英語に対応。後々は中国語や韓国語など全部で5ヶ国語への対応を予定しているとのことです。

 

まとめ

6月20日から導入を始めて7月末には全国の約半数の店舗に導入というのですから、かなりの急ピッチで一気に導入されるようですね。

筆者はSoftBankユーザーですが、今までマックの無料Wi-Fiは使ったことがありませんでした。「マイソフトバンクにログインして……」とかいうややこしい手順だったので。でもコンビニのWi-Fiと同じ感覚で使えるようになるのであれば、これからは使う時があるかも?

自宅近くのマックにも導入されることを願いたいと思います。