【超朗報】がん細胞が近赤外線で消滅!もうすぐ実用化!「こたつでミカンが最強なのか」「がん保険無くなるな!」

近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。

近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した。がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指している。

がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがあるが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、他の2つは副作用がある。転移・再発防止などにも課題があった。

これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できる。やっかいな転移がんにも有効だ。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうだ。

オバマ大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法の発見を取り上げ、「米国の偉大な研究成果」として世界に誇ったことを覚えている方も多いだろう。
その後順調に研究開発は進み、NCIで20年越しの研究が大詰めを迎えている小林氏に、この治療法の効果や革新性、将来展望などを伺った。

画像:近赤外線によるがん治療

◇これほどがん細胞の選択性が高い治療方法は過去になかった

――これまでのがん治療法は副作用が患者さんの悩みでしたが、この点はいかがでしょうか。

この治療法には、ほぼ副作用はなく、安全性が確認されています。これはとても重要なポイントです。 そもそもがん以外の正常細胞には抗体が結合しないので、近赤外線が当たっても害はありません。また抗体が結合したがん細胞でも、この特殊な近赤外光が当たらなければ破壊されません。

つまり抗体が結合して、かつ光が当たったがん細胞だけを破壊するという高い選択性を持つ治療法なのです。これほど選択性が高いがんの治療法は過去にありませんでした。

近赤外線はテレビのリモコンや果物の糖度測定などに使われるおなじみの光です。可視光と違って人体をある程度深くまで透過しますが、全く無害です。抗体は、米国食品医薬品局(FDA)ががん治療に使うものを20数種類認可しており、毒性が少ないことが証明済みなので、現在は、まずこの中から選んで使っています。

IR700は、本来は水に溶けない物質で体内に入りませんが、中にシリカ(ケイ素)を入れて、水に溶ける性質に変えています。1日で尿中に溶けて排出されるので、これも人体には無害です。

(※以下、記事内の見出しだけ)
・近赤外線の当たったがん細胞は1,2分でバタバタと破壊される
・全身のがんの8~9割はこの治療方でカバーできる
・現在300人を対象に効果を試験中。2、3年後に実用化できる可能性
・費用は安く、日帰りの外来治療でOK

▼詳細は下記の元記事リンク先で

元記事:http://www.mugendai-web.jp/archives/6080

 

<この記事への反応>

これガン保険無くなるな

リモコン買い占めてくる。

こたつでミカン最強か

これはどこぞの半島民族に起源主張されるね

海老蔵の嫁に使ってやれよ
治れば宣伝効果も半端ないぞ

これが実用化してもし効果があれば社会保障も社会保険もパンクだ

いままでの治療法がなくなって病院もうからなくなるので 医学界はこれ全力阻止ですねw

どうせ、保険適応外、金持ちしか治療しません、じゃね?

しかし、炬燵で寝ると風邪ひくぞ

オバマ大統領が一般教書演説で取り上げてるぐらいだから、米国では実用化まで本当にもう少しなんでしょうね。気になるのは日本での実用化が一体いつになるのか…?

さすがにこの治療法について政府や医学界があまりモタモタしているようだと、国民からのバッシングが強烈なものになりそうだし、この治療法はスムーズに日本でも導入されますかね。近い将来の明るいニュースが楽しみです。

…でも、お高いんでしょう?

7 件のコメント

  • 重量視線治療
    免疫療法
    iPS細胞を使う免疫療法
    分子免疫療法
    とか日本にはお金をかけたがん治療が沢山ある。
    アメリカで承認されても、これが入ってきた場合、
    製薬会社や重量視線治療を扱う病院は凄い損害額になるだろう。本当に潰されないか心配。
    現に今、Eテレでがんの最先端医療のシンポジウムをやってますがら近赤外線治療については、完全スルーだしね。
    ました、アメリカでのことだから、仕方ないのかもしれないが。それにしても、小林先生をアメリカにだしちゃったのは惜しい!

  • 癌患者ですが、製薬会社に潰されるとか、他に邪魔されるとかそういうことはないとおもいます。机上の空論だと言う方の方がおおいです。このての話は何百、何千と有りますが、成功しないから元々無理なんだと思います。

    • 医療費削減なんて、誰も本気で考えてる人いませんよ!?医師不足とか言う話があるけど、一方で患者の取り合い競争って今かなりのものですからね。浮浪者を診察して、患者不足な病院間で回す(生活保護受けさせれば受診料の取りっぱぐれがない)とか、そういうことして食いつないでるとこもたくさんあって、本質的には医師不足なんて状況じゃなく、むしろ医療の供給過剰状態ですから。どうしたら今後も医者が高給取り続けられるか?に必死です。

  • これ既に潰され始めてるのではないの?
    スルーさせようと力が働いているのでは?
    なんだかそんな気がするのは私だけかな。
    海老蔵の奥さんに是非活用して欲しいと思ったけど、、、
    政治家、製薬メーカーとかね、、、

  • 既に潰され始めてる気がする。陽子線治療なんかもすごい治癒率らしいのに世間一般にはさっぱり広まってないし、残念だなぁ。

  • コメントを残す