男の生理とは?…それ、女だけが信じる都市伝説じゃないですか!?

男の生理

『男にも生理があることが判明!』みたいな記事のシェアがFacebookなどでたまに目につきます。

よくシェアされてる記事はたとえば下記リンク先の記事とか

リンク 男性にも"生理"があることが判明。彼が不調なのはこれが原因だったのかも… | by.S

リンク 「メンズ生理」って、ホントにあるの? 疲労、イライラ、過食症状に骨盤関係説も : J-CASTニュース

リンク 男性にも生理が存在か 骨盤が開いている時には不調になることも – ライブドアニュース

どの記事も多くの人に読まれ多くの人にシェアされている記事ですが、その内容は男(30代)の筆者が読んでみて「???」と感じるものばかり

この記事を書く前に友人にもLINEで「どう思う?」と聞いて回ってみたけど、やっぱり誰もが「全くそんな実感はない」という感じの反応ばかり。

症状としては周期的にイライラするだとか集中力や性欲が落ちるだとか…なにそれ?ウツなんじゃないの?ってぐらいに実感がありません。

男が自分を振り返って「男の生理」について考えてみる

もちろんバイオリズム的な何らかの“周期”がある可能性は否定しませんが、「生理」と呼べるような体調や精神面の変化を感じることなんて、ランダムにはあっても女性の生理のように周期的に感じることはまったくないです。

もし本当なら、女は甘えているだけということか?

『男の生理は出血を伴わないため体調の変化を自覚しにくいが、生理の時は集中力が落ちたり体がだるく感じられたり、不調に苦しんでいる……。』

こんな話を真面目な本当の話として世間に周知させたら、その先どうなるか?

「じゃあ女の『生理だから辛い』ってのはただの甘えなんだな」

ということになってもおかしくないんじゃないでしょうか。

男の性欲が落ちるのは生理や骨盤周期の問題なのか?

男の生理の症状の一つとして「性欲が落ちる」んだそうです。だから彼が求めない時はそっとしておくのがいい、のだとか。

男はいつでも性欲全開だと思ってる人からすれば「生理で性欲が落ちる」なんて話は、彼が求めてきてくれない寂しさへの慰めにもなるのかもしれないですが、冷静に考えて本当にそれで合点がいく説明がつくのでしょうか?

彼女との交わりを求めなくなったような彼は、大体の場合において、周期的な問題ではなくその後も断続的に求めないようになるのがほとんど、ではないでしょうか。

自分の経験から言っても、「一ヶ月のうちある程度の期間だけは性欲が減衰する」なんて周期的なものは感じたことがありません。彼女に性的な魅力を感じなくなってしまえば何かよほどのきっかけがない限りその状態はそのままですし、逆にたとえば新しい女の子と出会ってやがてセックスするような関係にでもなればその時もまた周期的な変化なんて全く感じずその子を日々求めるようになりますし。

「集中力の低下」と「性欲の低下」が同時なのはおかしい

これは多くの男が共感してくれると思いますが、実感として、集中力の低い時の方が性欲は増します。

何か仕事でも勉強でもまたは活動でも、何かに集中して頑張っているような時というのは逆に、少し大げさに言えば「女なんて眼中にない」ぐらいの状態になったりすることもあります。ヤる元気がないわけじゃないけど、ヤリたいと思わないというか、そういう強い衝動が湧き上がってこないんです。

逆に仕事にも勉強にもいまいち集中して取り組めてない時とかなんかは、やたら女にばかり目がいきます。自分はセックス中毒なんじゃないかと思うぐらいひたすらヤりまくっていたりするのは、確実に「何にも集中できない、やる気が出ない」ような状態にある時です。

そういったことを考えると、この「男の生理」で言われている「集中力が低くなり、性欲も減る」というのは、とても納得できるものではありません。

考えられるとしたらそれは、うつ状態にあるとか。そうであれば集中力と性欲が同時に減衰するのも理解できます。でも健康的な生活を送っていればそんな状態は感じることがないですし、ましてや周期的にそんな状態になるだなんて話は「んなアホな!」としか思えません。

おわり

話題がないからといってキャッチーな皆が飛びついてシェアしてくれて広告収入が得られそうな無責任な記事を量産するというのは、どうなんでしょうね。

そういうスタイルのビジネスが今は増えすぎてしまってて、そんなことにいちいち目くじらを立てていたら自分が「頭が固い」とか言われてしまいそうな世の中ですが。

男女平等が叫ばれるようになって久しいですが、体の作りに関しては明らかに違う部分は違うんですから、こういう無理やり「男女は同じ」みたいな方向に持って行こうとする話には気をつけたいものです。

1 個のコメント

  • 2016年頃に一過性の話題になったやつですな。まず、医学における「生理」は「月経」のことです。「月経」の定義は「成熟した女性の子宮から周期的に持続して出血する現象」ですから、結論として男性に「生理」は存在しません。PMSやPMDDは婦人科で治療します。確かに、骨盤の収縮自体は男性にも僅かにあります。この手の話題では「ある」「存在する」がことさら強調されますが、「どれくらいある」かは言及されません。お分りだと思いますが、女性の方が劇的に大きく変動し、男性の骨盤の変化は女性に比べると極めて微々たるもので、ほとんど無視できるレベルです。実際、ほとんど(というか全て)の男性は気づきません。脳のホルモンバランスも女性には周期性がありますが、男性はほぼ一定で安定しています。貴方のおっしゃる通り、男性にも女性同様の生理があるとしたら、世の中の男性は全て生理の存在すら気づかないレベルで生理を乗り越える強靭さを持っており、生理などに悩む女性は皆、弱く、根性の無い甘ったれだということになります。もちろん、そんなことはないですよね。男性に生理は無く、女性にはあるため、男性は女性の生理への理解を示すことが大切です。

  • コメントを残す