radikoで無料で全国のラジオ番組を聴く方法

 スマートフォンやPCでラジオが聞けるradiko(ラジコ)で「タイムフリー聴取機能」および「シェアラジオ」の各サービスが本日11日午後12時頃より開始となる。

 「タイムフリー聴取機能」は、過去1週間に限って、いつでも後から番組の聴取が可能となるもの。一番組ごとに、聴取可能時間が3時間と設定されている。一方の「シェアラジオ」は、「タイムフリー聴取機能」で気に入った番組などを、SNSを通じて友人などに共有できる機能。各機能は、会員登録の必要はなく無料で利用できる。
引用 radiko、過去1週間分の聴取が可能に!「タイムフリー聴取機能」「シェアラジオ」がスタート | RBB TODAY

radikoにタイムフリー聴取機能がついたとのことなので、ついでに「無料会員でも全国の番組を聴く方法」を紹介。

無料会員でも全国の番組を聴く方法

地域外の放送が聞ける「radiko.jpプレミアム」は月額350円。聞きたい地域の局を選べるので、被災地域により密着した情報を得られます。家族や知人がいる場合に役立つでしょう。2016年8月1日時点で、全国63局の放送局が参加しています。

一方で、ラジコを地域外で聞くなら、位置情報を変更するという方法も存在。被災地域により密着した情報を得られるのです。まずはiOS、Androidアプリ「VPN Gate Viewer」と「OpenVPNConnect」をインストールします。

「VPN Gate Viewer」でエリア外のVPNサーバを選択し、「OpenVPNConnect」で接続。そして、ラジコのGPS機能をOFFのまま起動させると、脱獄やroot化せずにVPNサーバエリアの放送を無料で地域外で聞くことができるのです。
引用 ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは? | ガジェット通信

  1. VPN Gate Viewer – 公開 VPN 中継サーバ 一覧表示 – SENSYUSYA
  2. OpenVPN Connect – OpenVPN Technologies

上記2つのアプリを使って、要は「任意の地域のサーバーを経由してネットアクセスする」ということですね。

これは悪いこと?

こういう裏ルート的な方法で課金を回避してサービスを利用するのは、まあ宜しいことではないのは明らかです。でも、微妙な問題なんですよね。

たとえば私の自宅のネット回線は SoftBank の『SoftBank Air』という無線通信の回線ですが、これだと自宅が長野県だというのに「アクセス元は大阪」なんてことによくなるんですよね。自分のブログのアクセス解析を見ても自分のアクセスが大阪からのアクセスになっていたり、それからradikoを無料会員のまま聴いていてもたまに別地域と判定されて別地域のラジオ番組しか聴けない状態になったり。

だからこういうサービスの「位置情報を誤判断してしまう問題」なんて誤差の範囲内というか。

まあこの辺りの倫理観の問題は、各人の判断で…ということで。