東京五輪のボランティアに参加する方法は?応募条件は?募集内容は様々!人数は9万人規模を予定とのこと

東京五輪のボランティアに応募する方法や、ボランティアとして求められている内容など、今のところ分かることをザッと調べてまとめてみました。

まだ本格的な募集までには時間があり、そのため記事内容は完璧ではありませんが、各種リンク先サイトなどは今後も随時新しい情報が更新されていくはずなので、そちらも併せて参考にしてみてください。

東京五輪におけるボランティア募集の概要

ボランティアは、主に大会前後及び期間中、競技会場や選手村などの大会関係施設における会場内の案内・誘導など、大会運営において重要な役割を果たすことが期待されており、これらのボランティアを総称して「大会ボランティア」と呼ぶ。

また、大会期間中、空港や主要駅、観光地等において、国内外からの旅行者に対する観光・交通案内や、競技会場の最寄駅周辺における観客への案内等を行うボランティアがおり、これらのボランティアを「都市ボランティア」と呼ぶ。

都市ボランティアは、開催都市の「顔」として、選手をはじめとする大会関係者や国内外からの旅行者・観客等を「おもてなしの心」をもってお迎えするとともに、明るく、楽しい雰囲気で案内することで、大会に華を添え、大会盛り上げの一翼を担っている。

東京 2020 大会においては、大会ボランティアと都内の都市ボランティアを合わせて 9 万人以上の活躍を想定している。
大会ボランティアは組織委員会が、都内における都市ボランティアは都が募集・研修・運営を行う。

画像:東京五輪ボランティアの活動内容

大会ボランティアの活動内容

大会ボランティアの役割は多岐にわたり、ロンドン・リオ大会をベースとして想定される主要な活動内容としては以下のものがある。今後、大会運営準備を進めていく中で各必要人数を精査していく。

会場内誘導・案内
会場内で観客及び大会関係者の誘導、チケットチェック、入場管理のサポート等を行う。
ドーピング検査
競技を終えた選手に対してドーピング検査員が検査を実施するためのサポートを行う。
ドライバー
大会関係者が会場間を車で移動する際の運転業務を行う。
スタッフ受付
会場における大会関係者の受付業務。専用の ID から照会したシフトの確認や必要事項の伝達を行う。
ユニフォーム配付
ユニフォーム配付施設においてスタッフ(ボランティアほか)のユニフォーム配付を行う。
メディア対応サポート
会場やプレスセンターなどで大会を取材する日本やその他各国メディアの取材活動をサポートする。
言語サービス
選手、メディア、海外要人などの大会関係者に対して通訳などの言語サポートを提供する。
選手団サポート
各国から訪れる選手団に対するサポートを行う。選手団が選手村に入村する前から準備を行い、選手が快適な競技生活を送ることができるようにサポートする。
物流サポート
競技会場や選手村などに運び込まれる物品の管理や整理をサポートする。
物品貸し出しサポート
選手村やメディアセンターにおいて各国から来る選手団やメディア、その他関係者が利用する物品の貸し出しサービスをサポートする。
サステナビリティ実現サポート
各会場等の持続可能性への配慮を実現するため、選手、観客等にゴミの分別方法を案内するなどのサポートを行う。
アクレディテーションカード発行
事前に登録された情報を基に、大会関係者が保有する ID の発行業務を行う。
競技運営サポート
競技エリアや練習会場において、競技役員などの指示のもと、競技の進行補助やアスリートのサポートなど競技運営の補助業務を行う。
医療サポート
観客や関係者などに急病人やけが人が出た場合にすばやく対応するための「ファーストレスポンダー」としての役割を担う。

大会ボランティアの応募条件

▼応募条件の案として現状考えられていること

大会運営に直接携わるスタッフの一員として、重要な役割を果たすことが期待される。

年齢については、深夜や早朝の活動があることなどを踏まえ、平成 32(2020)年 4 月 1 日時点で満 18 歳以上(前述の児童・生徒のボランティア体験を除く。)とし、想定される活動日数についても過去大会を参考に 10 日以上とする。

また、ボランティアには、最後まで役割を全うすること、お互いを思いやる心を持ちチームとして活動することなどが望まれる。

加えて、大会時に活かすことができる経験や資質として「オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識」や「スポーツボランティア経験をはじめとするボランティア経験」、世界中から選手や観客を迎えるにあたり、「英語やその他言語のスキルを活かしたい方」などが挙げられる。

都市ボランティアの活動内容

都市ボランティアの活動内容としては以下を想定している。

① 空港、主要ターミナル駅、観光地等に設置するブースにおいて、選手・大会関係者や、国内外からの旅行者に対する観光・交通案内を行う。
② 競技会場の最寄駅周辺において観客への案内等を行う。

なお、大会ボランティア同様、ボランティアの中にリーダー役をおく。
リーダー役は、メンバーの出欠確認、有事の際のメンバー確認などを行う。

都市ボランティアの応募条件

▼応募条件の案として現状考えられていること

年齢については、大会ボランティアと同様、平成 32(2020)年 4 月 1 日時点で満 18 歳以上(前述の児童・生徒のボランティア体験を除く。)とし、想定される活動時間については、働く世代・子育て世代でも比較的参加しやすい日数・時間として 5 日以上(1 日 5 時間以上)とする。

さらに、ボランティアには、最後まで役割を全うできる方、お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方などが望ましい点は大会ボランティアと同様である。

また、都市ボランティアは、国内外の旅行者に対する観光・交通案内等を行うことから、語学能力以外にも、様々な専門的知識・技能を有する方が応募可能な募集条件を今後設定し、多彩な人材を確保していく。

ボランティア募集の期間など

募集時期

募集を開始する時期は原則平成 30(2018)年夏頃とするが、都市ボランティアの一部は平成 29(2017)年度末頃から前倒して募集を行い、2019 年に開催される RWC2019 において先行的に活動した経験を東京 2020 大会に繋げていく。
また、RWC2019 終了後は、活動実績や運営状況を検証し、東京 2020 大会におけるボランティアの運営等について、適宜見直しを行う。
なお、RWC2019 における都市ボランティアの募集条件等は、RWC2019 の大会概要を踏まえ、今後検討していく。

画像:東京五輪ボランティア募集期間

募集方法

応募方法については、原則としてウェブを通じた応募のほか、都市ボランティアについては郵送等の手段についても検討していく。パソコンだけでなく、携帯電話、スマートフォン、タブレットからも応募できるような応募フォームを検討していく。

選考

応募者に対して、書類選考や面接等を実施する。
また、東京 2020 大会のボランティアに応募したものの、残念ながらボランティアとしての活動の機会を得ることができなかった方に対しても、国や関係団体と連携し、広く大会成功を支えていただけるような様々な情報の提供等を検討していく。

現在募集している東京都のボランティア

現在東京都では以下のボランティアを募集しているそうです。恐らくこれらのボランティア活動への従事歴があれば五輪ボランティアの選考で多少は有利になると思われますので、もし絶対に東京五輪でボランティアをやりたい!という場合はこちらへの参加も検討してみてはどうでしょうか。

画像:現在募集中のボランティア

リンク おもてなし東京(東京都観光ボランティア)/東京の観光公式サイトGO TOKYO
リンク 外国人おもてなし語学ボランティア

▼この記事をまとめる上で参考にしたページ・サイト
リンク strategy-plan.pdf
リンク 東京ボランティアナビ―東京2020大会に向けたボランティアウェブサイト―
リンク ボランティア|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

 

以上です。