両親が幼児3人にヘロイン投与で逮捕・アメリカ …改めて日本はいい国だと思った

幼い子ども3人にヘロイン注射、両親を訴追 米

米ワシントン州ピアース郡で、幼い子ども3人にヘロインを注射投与したとして両親が訴追されていたことが3日までに分かった。法廷文書によると、両親は自宅で「気持ち良くなる薬」と称しヘロインを投与していたという。米国ではヘロインの使用拡大が社会問題になっている。

児童保護局(CPS)は2015年5月から6カ月間、両被告が6歳の息子と、2歳と4歳の娘2人を虐待しているとの疑惑を調査。同年11月10日には、他の大人も住む被告宅に立ち入り調査し、ヘロインの使用現場などを写真に収めていた。

保護下に置かれた長男はCPSの当局者に対し、両親が白い粉と水を混ぜた「気持ち良くなる薬」を注射針で子ども3人に投与していたと証言。当局者らが髪の毛穴を調べたところ、長女から微量のヘロインが検出されたほか、次女はヘロインの陽性反応を示した。

ピアース郡の保安官事務所によると、子どもたちは現在、里親の家で元気に過ごしているという。

元記事:http://www.cnn.co.jp/usa/35091596.html?tag=cbox;usa

 

<この記事への反応>

ジャンキーになると善悪の判断がつかないんだね。本当薬って怖い…

なんて親だ…子供の命に問題なくてよかった。幸せになって下さい。

ukはもっと酷いぞ

ukは医療費無料だから、末期ガン患者に処方された大麻が流通しやすいんだよね。 アメリカは医療が高いから、そういうのは意外と少ない。

ASKA氏もイギリスで覚えたとか言ってたね。

90年代にロンドンで 路上でたくさんヘロイン中毒者を見た。まさに廃人になってて、ほんと怖かった

スイスもやばかった。ヘロイン常習者にヘロインを止める薬 メタドン(これも中毒性あり)を配っている施設が街のど真ん中にあってヤバイのが溢れていた。

見事に狂っている親だな。

フィリピンの大統領の行動がどれだけ素晴らしい事か。中国も死刑になるらしいし、アメリカは麻薬に対して甘いよな。一生無くならないだろうな。

里親宅で幸せになってほしい。

ヘロインなんてもっとも依存性が高い危険な薬物の一つと聞くけど・・・

ヘロインは1回投与されただけでも酷い退薬症状が出る。大人でもそれに耐えられず慢性中毒に陥っていく程の苦痛だ。可哀想に。

この親も、そんな風に育てられたのでしょう。

気持ち良くなる薬…ヘロイン。強くなれる道具…拳銃。自制のできない国…アメリカ。

こうやって受動的に依存症になってしまう例も少なくないのかな。

日本でも2015年12月に熊本県で生後3か月の乳児に覚醒剤を投与し、殺害したとして、24歳の父親が逮捕された事件が起きている。知人の20代女と子の3人でラブホテルに入っての犯行。日本も大して変わらない。

ヘロイン一発で一生分以上の幸福と快楽を脳と体が味わってしまうという最悪の薬物

wowowでやってた海外ドラマのシェイムレスってドラマでは父親が赤ちゃん泣いたら鼻の穴にコカイン塗ってたな。俺もこうやって育ったんだってわけのわからないことを言っていた。日本の底辺もアメリカだと優秀だと分かった。 外国はき◯がいだな、狂ってるよ。日本人はみな聖人君主だと思ったな

幼い子どもなんて普通に注射だけでも痛がって泣いたりするのに、注射器でヘロインって…。

海外ドラマを観ているとエリート層でもコカイン(疲労が感じなくなる)を使ってるシーンが頻繁に出てくるし、数年前にはグーグルの幹部が休暇中にクルーザーで薬物使用が疑われる死に方した件もあったし、…。一体どうなってんだ。